お金を貯める方法

今からでも遅くない・50代からの貯蓄

50代まで一生懸命働いてきても、独身貴族として生活しているとなかなか貯金ができないこともあります。
しかしいつまでも仕事をし続けることはできません。
結婚をするかどうかも先のことはわかりません。

そうなればやはり今からでも貯蓄をしっかりしておくことこそ、今度の生活のためにも大切なことなのです。
今の時代、退職金もいつ大きく減るか分からない時代であり、もちろん年金だって減ることはあっても増えることはあり得ない時代なのです。
このような時代だからこそ、できるだけ貯蓄をしておくことも重要となります。

貯金をするなら今後の仕事も考える

50代女性で貯蓄がほとんどない人の場合は、貯蓄を真剣に考えなければなかなか貯まりません。
そのため貯蓄をある程度増やすためにはダブルワークなど、仕事を増やすことも考えましょう。
とは言っても、今の仕事がダブルワーク禁止の場合もあるので、その場合はここまで続けてきた今の仕事を優先すべきです。

そんなときには退職後にも仕事ができるように、何か身につけておくこともおすすめです。
今もっているキャリアを上手に生かす方法もありますが、その場合は再就職先などに探しておくのもいいでしょう。

まったく今のキャリアとは違う仕事にチャレンジするなら、それなりに技術をつけることも必要となります。
退職まで時間まだまだあるので、しっかり計画をたてて考えていきましょう。

今の支出を見直す

貯蓄を増やすためには、今の生活を見直してみることも大切です。
個人差はありますが、50代の独身女性で貯蓄があまりできていない場合は、意外と無駄使いをしています。
知らず知らずのうちに贅沢していることもあるので、もう一度見直しをして、退職までしっかり節約生活を身につけながら貯金をしていきましょう。

支出を減らす方法

支出を減らす方法の1つは、まずどこが多く使い過ぎているのか、どこを減らすべきかを明確にしていくことが必要です。
そしてそれをはっきり明確にすることは、とても勇気が必要であり、相当の覚悟も必要となります。

「これは仕方ない」、「これ以上は無理」という自分の声と戦わなければ、今の支出を本気で減らすことは難しいのです。
例えば自分と同じ給料で家族4人が暮らしている場合だってあるのだと考えてみましょう。
そう考えると、まだまだ切り詰められるところがあることが見えてくるはずです。

このようなことを考えればいろいろな面で、もう少し見直す努力ができるのではないでしょうか。
場合によっては今住んでいるところが賃貸であれば、家賃の安いところに変わることも考える必要があるかも知れません。
このように相当な覚悟を持って、しっかり貯蓄と向かい合うことがとても重要になるのです。

About

Categories: お金