マンション購入のポイント

独身女性のマンション購入が増えている

独身女性の間で、マンション購入がとても増えていると言われています。
その理由には独身女性が増えたことや、結婚適齢期が高くなったことがあるようです。
宝石を買ったり海外旅行にお金を使うなら、マンションを購入した方が後々得だと考えている女性が増えているのです。

月々のローンを払う変わりに、今住んでいるところの家賃も必要なくなります。
その上、今後ずっと一人で暮らしていくとしても、持ちマンションがあることはとても安心です。
そして現在女性は男性と同じように給料面でも安定しているため、女性であってもローンを組んでマンション購入をすることができます。

このような社会的な状況も、独身女性のマンション購入が増える要因になっているのです。
そしてもう一つ社会現象として、女性の結婚願望が低下しているということも要因になっています。
もちろん購入した後に結婚したとしても、そのときに売ることもでき、貸部屋として家賃収入を得ることもできます。

50代の独身女性は将来の生活設計も考えて購入する

50代の独身女性は、やはり将来独身の可能性も視野に入れて将来の生活設計を考えていますが、その1つにやはりマンション購入があるのです。
一人の場合、高齢になると貸しマンションなどもなかなか借りにくくなるのが現実です。
そのため住居の安定のため、マンション購入を考えている女性も多く見かけます。

やはり持ちマンションであることは大きな安定につながることは言うまでもありません。
特にローンを組む場合は20代、30代で組む人が多いようですが、独身女性の場合は特に焦ることなく、50代になって購入する女性も結構多いのです。

50代まで働いていれば数年後にもらえる退職金の予定もたち、貯蓄を頭金に回して購入できます。
このように退職を前にしてマンションを購入し、今後の生活の安定を考えている賢明な50代女性が増えているのです。

立地と広さで価格も変わる

50代の独身女性のマンション選びとして、狭くても都心がいいというタイプと、都心から少し離れたところで、少しゆったりとした広さが欲しいというタイプに分かれます。
どちらもその人の考え方であり、自分にあった選び方が一番です。

しかし多くの場合、50代独身女性の購入するマンションは3000万円~4000万円と言われています。
例えば東京で考えると、東京23区であればやはりこの価格では30~40㎡程度となります。
しかし東京都市部になると40㎡ぐらいの広さが手に入り、また千葉県や埼玉県では45~50㎡程度、神奈川県は少し高めでやはり40㎡程度となります。

もちろんこれらは同じ都内、都市部、県内であっても地域によって違いがありますが、大きな目安としてこのように違いがあるのです。
またこれは新築の場合で、中古マンションであればもう少しゆとりが出てきます。

About

Categories: 暮らし